メインコンテンツにスキップ

SRD-見積依頼フォーム

SRDを構成する

必要なオプションを選択します。 インラインプロセス粘度および密度計 SRD。 あなたがダウンロードすることができます SRD-データシート 概要については。 (* 必須を示します)

材料

製品の承認 (必要な場合)

設置場所(ATEX認定センサー用)
言語 (ATEX 要件の場合) DoC (適合宣言) および安全情報を受け取りたい言語を明記してください。

センサーオプション

上記で D2 を選択した場合は、プロセス流体の密度範囲を指定します (最大 4 g/cc │ 4000 kg/m3 │ 33.4 ポンド/ガロン)
より高い精度が必要な場合は、必要な濃度範囲と精度を指定します。
上記で CUS を選択した場合は、必要な粘度設定値と精度を指定します
を参照してください 電子通信ページ

Rheonics 電子機器は次の通信オプションで事前設定されています。

C1 : 4-20 mA : 3-4 mA アナログ信号 20 チャンネル

C2 : Modbus RTU (RS-485) : RS-485 上の Modbus RTU

C3 : USB : USB 2.0準拠のサービスおよびデータ取得ポート

C4 : イーサネット : RJ45 コネクタでイーサネットがアクティブ

注: EX-SRD では、以下の T4 オプションは利用できず、T3 は 185°C までのみです
上記で T4 を選択した場合は、最高使用温度を指定してください。
注: X5 ロング挿入センサー プローブの場合、最大圧力定格は 100 bar (1500 psi) です。
X2、X3、X4 の場合: プロセス接続のタイプ、ノルム、サイズを指定します。
X5 の場合: 次のフィールドを使用して、挿入長 A およびプロセス接続のノルムとサイズ B の値を入力します。

A : 挿入長さ : プローブの挿入長さ A (mm) を下のボックスに入力します。 mm 以外の場合は単位を指定してください:
B: プロセス接続タイプ、規格、サイズ:

さまざまなプロセス接続を備えた X5 長挿入センサー プローブの構成図: 

FPC長挿入プローブ構成図

カスタム ケーブル長の場合 - メートルまたはフィートで長さを指定します。

を参照してください アクセサリーページ 付属品とその詳細のリストについては。
Note: EZB-03X : EX-SRVの場合、ツェナーバリアが自動で追加されます。

アプリケーションと産業

これらのセンサーが他の顧客によってあなたのアプリケーションにどのように使用されているかを当社のウェブサイトで確認してください。 知識ベース

オーダー情報

アプリケーションに関する簡単な説明、見積もりに固有のその他の要件

お問い合わせ先

あなたの会社/組織を最もよく表すオプションを選択してください
連絡先番号を入力してください。

[送信]をクリックすると、 Privacy Notice.

[送信]をクリックすると、 セールスT&C.

reCAPTCHAが必要です。

改ページ

を検索